いこログ

育休中の子育て記録です

西松屋のこぼれないコップ(360°リップ弁マグ)を買った


f:id:vayataka:20200508211653j:plain

子供にコップ飲みを挑戦させたらダラダラとこぼして大変でした。

そこで見つけたのが西松屋のこぼれないコップです。

その名も360°リップ弁マグ。

期間限定価格の679円(税抜)で購入しました。1ヶ月ほど使ったので感想を買いていきます。

西松屋のこぼれないコップのいいところ

正式名称は360°リップ弁マグですが、わかりやすいように「こぼれないコップ」で呼ばせてもらいます。

まずはこぼれないコップの良いところから紹介します。

1.ガチでこぼれない

f:id:vayataka:20200509215219g:plain

半信半疑のまま買いました。

麦茶を入れてびっくり、本当にこぼれません。

パッケージに「こぼれにくい」と控えめに買いてあるけど、こぼれる気配ゼロ。

どのような仕組みかと言うと、シリコンキャップがついていてすすった時だけ水が出てくるようになっているんです。

f:id:vayataka:20200508212147j:plain

よく出来ていますよね。感心しました。

 

2.ストローマグと比べて洗いやすい

f:id:vayataka:20200509083915j:plain

こぼれないコップを買うまで水分補給には写真のストローマグを使っていました。

ただ、ストローマグってストローの中にスポンジが届かないので洗いにくい。

うまく洗えず少し臭くなりました。

f:id:vayataka:20200509214638j:plain

その点、西松屋のこぼれないコップは洗いやすい。

パーツは5つ。ストローのようにスポンジが届かない箇所がないので楽に洗えます。

 

3.フタがあるので外にも持っていける

f:id:vayataka:20200509084501j:plain

暑い日は極力外出したくないものの出かけなきゃ行けない日もありますよね。

○ヶ月健診があるとか上の子がどうしても外に行きたいと言うなど理由は様々。

そこで気をつけないといけないのが外出中の水分補給ですよね。熱中症予防に水分はちゃんととらせないと…。

安心してください。

こぼれないコップはフタがついています。

フタをすればホコリが入る心配もないので外に持っていけます。

 

先日、子供を皮膚科へ連れて行く用事があったのでこぼれないコップを持っていきました。普段使っているコップなので出先でも戸惑うことなく飲んでくれました。

 

西松屋こぼれないコップの悪いところ

良いところばかり並べると嘘っぽくなるのでイマイチなところも書きます

1.すする練習が必要

子供が生後9ヶ月のタイミングで購入しましたが、縁からすすって飲むということが出来なかったので最初は全く飲めませんでした。

うちの子の場合は、小皿を使って水をすする練習を1週間ほどやって、すする動作をマスターさせました。

すすることが出来るようになってからこぼれないコップを使って、ようやく飲むことが出来ました。

結局、買ってから1〜2週間はすする練習をしていたので全く活躍させられませんでした。

 

2.色がバリエーションが少ない

こぼれないコップはピンクとブルーの2色展開です。

個人的にはグリーンやイエローなど他の色があると嬉しいです。

こぼれないコップだとマンチキンが有名だと思うんですけど、こちらはグリーンもあったので非常に迷いました(でもフタがついてないんですよね)

こぼれないコップの販売が伸びて別の色が発売されることを密かに期待しています!

 

総合評価

★★★★★

星5つ!人におすすめできるアイテムです!

買った当初は飲むのが下手だったうちの子ですが、今ではかなり上達してグビグビ飲んでいます。離乳食後期になり、ミルクを飲む量が減ってきたので手軽に水分補給できるこのコップは凄く良いアイテムだなと思っています。

色があまり好きではないものの機能面では大大大満足です!