いこログ

育休中の子育て記録です

認可保育園は見学に行くべき?おすすめの回り方を聞いてきた。


f:id:vayataka:20191031213259j:plain

保育園の見学はじめました!

生後3ヶ月の息子を抱っこしての保育園回り…正直疲れます。

子供のためとは言いますが、ちょーーっと手を抜きたい。

そこで思ったのが認可保育園は見学しなくてもいいのでは?ということ。

区の児童館の保活に詳しい方に相談してみました。

結論から言うと公立認可の一部の園は省略してもいいそうです。

どういうことか説明していきますね!

認可保育園とは?

認可保育園とは国が定めた保育園の設置基準(広さ、保育士の人数、設備など)を満たし、都道府県知事の認可を得ている施設です。

認可外は認可を得ていません。細かい説明は省きますが、認可外は申し込みに見学必須の場合もあるので見学に行くべきかと思います。

 

では認可保育園の申し込みはどうするのか?

認可は役所で申し込みます。見学せずとも申し込みは可能です。

 

見学しなくても申し込めるなら1か所チラッと見て考えればいいんじゃない?

いやいや、運営がどこかによって認可と言ってもかなり違いがあります。

認可保育園の運営は3種類に分けられる

認可保育園は次の3種類の運営方式があります。

  • 公立:市区町村が運営
  • 私立:民間の法人が運営
  • 公設民営:建物は市区町村だが、運営は民間委託。指定管理者制と呼ぶことも。

公立

公立認可保育園は、市区町村が運営しているので運営する自治体が同じであれば方針はほぼ一緒。

私が見学に行ったところは、おむつの持ち帰り有無や保育の方針もほぼ一緒でした。

あとは建物の規模や綺麗度の差なので気になる園を1つ行けばOKです。

私立

私立認可は申し込む園を全て見た方がいいです。

なぜなら、民間なので園によって保育内容が異なるからです。英語教育やリトミックに力を入れているところもあれば、運動や食育重視だったり様々です。

また、同じ法人が運営するからと言って見学を省略しない方がよいと思います。

運営会社が同じ2園に行きましたが、片やリトミック、もう一方は運営重視でした。

保育内容以外にも、私立は公立と延長料金が違ったり、準備するものが異なるので見学に行って確認しましょう。

公設民営(指定管理者)

公設民営は、建物は市区町村の持ち物で運営は民間というタイプです。

市区町村によっては公立認可のカテゴリーに入れられている場合もありますが、実態としては私立と考えて良いでしょう。

各市区町村が出している保育園の利用案内をよく見ると書いてあります。チェックしてみてください。

おすすめされた回り方

保育園事情に詳しい方におすすめされた回り方です。

  • 公立1箇所だけ見学
  • 私立申し込む園は全て見学
  • 公設民営申し込む園は全て見学

認可だからと全く見学せずに申し込んで、合わなくて泣く泣く転園をすることもあるそうです。

入園後のミスマッチをなくすためにも面倒ですが頑張って見学いきましょう!

おわりに

見学まわりは非常に疲れます。

しかも入園できるかは運次第な面もあり見学のモチベーションが上がらないですよね。

でも、良い園を探すと言うより合わない園を事前に察知するために見学はした方がよいです。

私は認可を6園見学して申し込みたくないと思った園が1つありました。

そういうこともあるので気力を振り絞って回りましょう!